ビッグテント(GZシリーズ)の場合、レンタルは間口10m・15m・20m・30mの4種類です。
奥行きは5m間隔で伸長可能です。販売は最大間口60mまで対応可能です。

部材の組立には専門スタッフの指導が必要になります。

間口10mのタイプまでは、人力だけで設営することが可能です。

大きさや設置場所により変わりますが、10m×10mの場合3時間程度で設置可能です。

仮設のテントといえども、建築基準法に適合することを確認する申請手続きが必要になります。

太陽光を遮断する、遮光膜をご用意しております。シアターや劇場としてのご利用も可能です。

テント内部の暖房効果により融雪させる事ができますが、屋根に積もった場合は雪おろしする場合があります。

高強度設計されたアルミ製構造材で、ヨーロッパの厳しい建築基準をクリアしています。

必要になります。鉄杭や鉄板など仮設材と固定するケースが多いです。

現在日本の基準では明確になっていないため、各自治体の建築主事との協議によります。

レンタルは屋根幕すべて白色になります。横幕には透明幕や窓付き幕も用意してあります。
販売は色見本の中から各色お選びいただけます。

フレーム材集結部に1ヶ所あたり約50㎏は可能です。吊り方や吊り位置などにもよります。

仮設許可申請・建築確認申請で約3ヵ月間、申請代行費用はおおよそ80万円になります。

仮設といえども柱と屋根があれば建築物ですが、仮設の場合は構造などの緩和項目があります。
各自治体の建築主事との協議によります。

基本的には防炎品になります。一部不燃膜材も揃えております。

テントに照明器具を取り付けたり、エアコンを設置することも可能です。

「ドイツ工業規格DIN」、「ISOならびにヨーロッパ建築基準」に適合しております。

使用頻度や使用場所にもよりますが、防炎品で約5年から7年程度です。

別途図面をご用意しております。お決まりの大きさをお知らせください。

フレーム材と屋根幕で床面積1㎡あたり約22㎏になります。

テント幕面にサインシートを使ってロゴマークを貼る事は可能です。